自分がワキガかどうか確認する方法

汗をかくと気になるのは自分を含めて、周りの人の体臭というのは、多くの人が気になることです。その中でも、ワキガは独特のにおいを放出します。しかし、ワキガというのは、自分がもしなっていた場合はなかなか気づきにくいものなのです。その為、自分がワキガかどうか簡単に確認する方法がいくつかあります。まず、家族にワキガの人がいるかどうかです。この理由は、遺伝しやすいということです。特に両親がそうである場合は、自分もなっている可能性があります。この他に確認する方法として、脇に汗をかいた場合、衣服に黄色い汗しみがあるかどうかです。通常は脇に汗をかいた場合、無色透明の汗が出ます。しかし可能性がある人の場合は、白く濁ったような汗をかきます。そしてその汗が皮膚にある菌や脂等と混ざることで、衣服に黄色い汗しみができます。この黄色い汗しみがついていたら、可能性が高いといえます。これら二点が確認された場合は、一度皮膚科に行き、ワキガかどうかを医師に確認することをお勧めします。ワキガ改善対策を知ってどうにかするべきだと言えるでしょう。

ワキガと性別の関係について  

ワキガと聞くと、太って脂性の男性がなるイメージが強いかもしれませんが、実際に性別による発症頻度を確認してみると、男女比がほぼ1:1になっています。もう少し詳細に言うのであれば、女性の発症率の方がやや高くなっていますので、意外に感じる人が少なくありません。
また、その発症年齢も女性の方が男性よりも早くなっています。平均発症年齢は女性が16歳、男性が18歳となっており、高齢になってからある日突然ワキガになるというようなことは、まずありません。なぜ、女性の方が発症年齢が早くなっているのかと言うと、女性の方が性徴が早く現れるためです。また、女性の場合には、生理期間中や排卵期にワキガの臭いが強くなることが多いとも言われています。ただし、個人差がありますので、全ての人がそうであるわけではありません。
いずれにしろ、多感な思春期に発症する例が多いため、深刻な悩みになってしまうことが少なくありません。特に、若い女性の発症率が高いことが、その悩みを一層深刻化させています。

ワキガの原因と有効な対処法

ワキガがある人は日本人の10%程度です。自分の体臭は自分では気がつきにくいので、ワキガがあるかどうか知りたい場合には人に聞くか、着ていた服を脱いでしばらくしてから臭いをかいで見るという方法があります。またワキガは遺伝するものなので、親や祖父母にワキガの人がいると自分もなっている可能性が高くなります。臭いの原因は脇の下など特定の場所にだけあるアポクリン汗腺という汗腺から出る汗です。この汗にはアンモニアや鉄分が含まれており、雑菌がわきやすいために強い臭いが発生します。雑菌がわかなければ臭いも出ないので、殺菌効果のあるデオドラントなどを使うと臭いを抑える事ができます。また汗をかかなくなると臭いが出なくなるので、ボトックス注射をして汗を抑えることも有効です。強いワキガ体質の人は原因となるアポクリン汗腺を除去するのが一番効果的です。アポクリン汗腺を除去するのは細い管を脇下に入れて汗腺を吸いだす方法や、脇下を切開して汗腺を取り除く方法などがあります。

ワキガは治すことができます

昔から世の中には、ワキガと呼ばれるものが存在していますが、実際にそれで悩んでいる人の数は非常に多いです。
そして、治すことができないのではないかと、どうしても諦めてしまいがちでありますが、実際にはまったくそのようなことはなく、しっかりとした治療を受ければ改善することが可能です。
探してみると街中には、ワキガの治療を行っている施設が非常にたくさん存在しており、思い切ってそちらを訪問してみれば、ワキガについて詳しい知識を持っている先生が、すぐに対応してくれます。
そして基本的なメカニズムがどうなっているかや、どのような感じで治療を行うかについてじっくりと説明をしてくれ、その後はしっかりとした設備を使って治してくれます。
我慢出来ないような痛みはほとんどありませんし、また全体的な時間もあまりかからないので、忙しい人でも安心して受けることができますが、最も気になる費用についても十分に一般の人が支払える金額になっています。

ワキガについての基礎知識

ワキガとはわきの下の部分から饐えたような独特の臭いがすることをいいます。腋臭症と呼ばれることもありますが病気というよりは体質です。ただし臭いによって周囲の人に不快感を与えたり、あるいは不快感を与えるのではないかと疑心暗鬼になって精神的に追い詰められたりすることもあるので、一種の社会的病気であるともいえます。
ワキガの原因はわきの下に集中しているアポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌する汗にあります。この汗は脂質やタンパク質を含んでいますが、これがもう1つの汗腺であるエクリン腺から出る汗と混ざり、さらに皮膚に棲む雑菌が脂質やタンパク質を分解することで臭いを発します。
人がなぜワキガ体質になるかについてははっきりとは分かっていませんが、統計的数値から見て遺伝的なものであると考えられています。また、腋毛の濃さや脂肪分の多い食事などの生活習慣も関係しているとされています。
ワキガ対策としては、日常レベルでは腋毛の処理、制汗剤の使用、動物性脂肪を控えた食生活などがあります。一方医療機関においては、アポクリン腺を切除する外科手術やボトックス注射などの治療が行われています。

ワキガ臭発生にメカニズムについて  

ワキガは、エクリン汗腺・アポクリン汗腺・皮脂腺という3つの汗腺類が関係します。その中でも、アポクリン汗腺が一番の要因となります。本来、アポクリン汗にはニオイはありません。それに含まれる脂肪やたんぱく質が、皮膚表面の常在菌によって分解されることにより、強い異臭を発します。これに、皮脂腺から分泌される皮脂がプラスされて、さらにニオイが増します。
そして、この「ニオイのもと」がエクリン汗によってワキ全体に広げられ、わき毛と絡まることで、ニオイが発散されます。以上が「ワキガ臭」のメカニズムです。つまり、汗腺類からの分泌物と皮膚表面の常在菌が揃った時に、ワキガ臭を発生するというわけです。
ワキを清潔にしたり、クリームを塗るなどのセルフケアにより、ワキガ臭を軽減・発汗量を抑制することはできますが、根本的な治療ではありません。根本的な治療でも、例えば、剪除法やボトックス注射、マイクロリムーブ法などで、どの方法がその人に合っているのかを見極めることは重要です。ワキガと診断されても、症状が軽ければ手術の必要はありません。とにかく一人で悩まず、専門医に相談されることをおすすめします。自分に合った最適な治療法やケア方法が見つかるはずです。

私はこうして口臭を治しました!私の口臭対策

ワキガのセルフチェックの方法について  

ワキガとは、「腋臭症」とも呼ばれるもので、皮膚の汗腺のうち、主にアポクリン腺から分泌される汗が原因で、強い悪臭を発する人体体質にことをいいます。ワキガは、自分では気が付きにくいという特徴があります。ここでは、自分のワキガ度を知るためのセルフチェックについて、ご紹介します。セルフチェックされた上で、異常を感じたら皮膚科へ相談されることをおすすめします。
セルフチェックの方法は簡単で、丸一日ほどガーゼをワキに挟んでおきます。お風呂上りに新しいカーゼをワキに挟み、翌日、ポリ袋に入れてからガーゼのニオイをお風呂上りに嗅いでみましょう。ワキガのニオイは、ゴボウに臭い・ネギの臭い・鉛筆の臭い・酢の臭い・香辛料のクミンの臭い・納豆の臭い・劣化した洗濯バサミの臭いなどに形容されています。
ワキガの男女比は、1:1でほぼ同じです。原因となるアポクリン腺はワキ以外にも、耳の穴や乳輪、陰部に存在します。特に陰部からも、特有のニオイを発することがあり、俗に「すそわきが」と呼ばれています。